2019年5月24日(金) 04:21 JST

Firefoxの拡張機能(IE Tab)

  • 投稿者:
  • 表示回数 4,925
Firefox

IE Tabはインターネットエクスプローラ専用に作られたページ(というか,IE以外を意識して作っていないページ)をFirefoxで読み込むための拡張機能。そのようなページに出会ったら,右クリックメニューから「このページをIEタブで表示」を選べば,内蔵されたIEエンジンがFirefoxのタブ内にページを表示する。オプションで常にIEタブで開くURLを指定できるので,これで完全にIEとおさらばできるかもしれない。

できれば改善して欲しい点としては,

  1. IEタブを新たに作成するオプションの新設(現在の仕様では,表示しているタブをIEタブと入れ替えてしまう)
  2. IEタブになっても右クリックメニューをFirefoxのものにして欲しい

ということ。2.はWindowsのシステムとも関連するので難しいかもしれない。
ともあれ,このIEタブは便利。管理人の知り合いのサイトで,IEでないとレイアウトが崩壊するものがいくつかあるので,この機能はとても嬉しい。

(追記)この記事を書いてからIE Tabをいじっているうち,奇妙なことに気がついた。いったんIE Tabで表示すると,そのページ内のリンクをクリックすることはできるし画面もきちんと描画されるが,アドレスバーのURLが変化しない。あわてて,Alt + ← で戻ろうとしてもキーが効かない。右クリックメニューの「戻る」やナビゲーションルールバーの「戻る」をクリックすればもちろん戻りはするが,かなり不便である。やはり,自分のサイトの見え具合を確認するには,IE,Firefox,Operaを用意しなければならないようだ。