2019年5月20日(月) 20:36 JST

PHP-4.x系列の終焉

  • 投稿者:
  • 表示回数 6,015
ソフトウェア

PHP本家の記事によると,PHP5が登場して3年経ち,PHP6も開発中であることから,今年いっぱいで4.x系列のサポートは終了,来年8月8日でセキュリティパッチの提供も終わるとのこと。PHP5普及のはずみになればよいが,国内のレンタルサーバ各社は追従できるだろうか? セキュリティパッチを提供しないままで4.x系列を提供するところもでてくるのではなかろうか?

本格的に5.x系列が普及すれば,少しはまともなオブジェクト指向プログラミングが可能になるし,Zend Framework, Symfonyなどの5.x系列専用のフレームワークも使いやすくなる。

アプリケーション制作者の側でも積極にPHP5への乗り換えを検討している人が増えてきていて,goPHP5なんてサイトもある。このサイトに掲載されているアプリケーションの中には,PEAR, PHPUnit, CMS Made Simple, Website Baker, Drupal, phpMyAdmin, Propel, Typo3などのビッグネームもある。

Geeklog本家のメーリングリストでも1週間ほど前に[tech:goPHP5]の話題が出ていて,Dirkさんを除くコア開発者たちはおおむねPHP5へ移行するのに肯定的だ。Dirkさんは例によって静観して議論のおとしどころを見守っている感じ。

タグ:php gophp5