現在のGeeklogで検索対象になるのは、記事と検索APIを実装しているプラグインのみ。つまり、公開領域/docs/にあるhtmlドキュメントは検索されていない。ドキュメントの翻訳にかかわった者としてはもったいないの一言に尽きる。そこで、検索APIを調べてみると、カスタム検索関数を追加できるよう設計されていることがわかった。APIのシグネチャを調べて実装したのが、こちらのカスタム検索関数。対象のhtmlファイルを力ずくで検索するのであまり格好いい方法ではないが、ないよりはましと思う。

コメント (2件)