2019年8月24日(土) 11:17 JST

Geeklog本家,GSoC用にMercurial採用

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,157
Geeklog

Geeklog本家のバージョン管理にはCVSを用いているが,

  1. ディレクトリの移動をしにくい。
  2. コミット権を持った人以外はコミットできない。

という点がいつも問題になる。他の開発者たちは「せめてSubversionにしよう」と提案するが,Dirkさんは「CVSとSubversionは大して違わない。今から新規にプロジェクトを興すならわざわざCVSを選ぶ理由はないが,現状はうまくいっているからCVSで運用する。」と言っていた。

今朝流れたメーリングリストでは,Dirkさんが「GSoCに取り組む学生たちのコードを管理するのに分散型バージョン管理システムを使いたい。Linuxカーネルのコード管理に使われているGitについて調べてみたが,似たようなコマンドがたくさんあって引いてしまう(全部で152コマンド)。他に誰も口にしないから,自分はMercurialを使おうと思う。これは最終決定ではなく,お試しだ。」と発言していた。本家のWiki上にはMercurialに関するページもできている。GeeklogがGSoCで取り組む内容をいち早く知りたい人は上記ページをチェックしてほしい。