2017年9月24日(日) 06:39 JST

エディタ

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,183
ソフトウェア

管理人がプログラム開発に使っているエディタはアンカーシステムズという会社のもの。様々なバージョンがあるが,サンデープログラマの見栄で,バージョン管理システムCVSが使えるPeggy Proを買った。

CVSについては,以前からマスターしようと雑誌の特集記事が組まれるたびに挑戦してきたが,ことごとく失敗。あきらめかけていた。Peggy Proに内蔵されているCVSのフロトエンド・インターフェースは直感的でわかりやすく,コミットもボタン一つでOK。プロジェクトを最初にリポジトリに登録するインポートの作業はさすがにコマンドラインからでなければできないが,それ以外の主要な機能はPeggy Proから呼び出せる。おかげでファイルの履歴管理が簡単になった。管理人はブログだけでなくふつうのサイトも管理しているが,そのサイトで使うHTML, PHP, CSS, 画像ファイルは全てCVSで管理している。

現在では,Subversionという新しいバージョン管理システムが開発され,普及し始めているようだ。CVSの弱点であったディレクトリ(フォルダ)の管理や,ファイルの移動もサポートされているので,いずれはCVSからSubversionへと主役が交代する日が来るだろう。その日までは,CVSを使い続けるつもり。


Googleデスクトップ

  • 投稿者:
  • 表示回数 4,748
ソフトウェア

以前使っていた Google Desktop Searchの機能アップバージョン。Desktop Searchの頃は,アンチウィルスソフトウェアのNOD32と相性が悪く,同時にインストールできなかった。NOD32の動作があまりにも軽快で,ノートンへ戻る気にはなれなかったので,泣く泣くあきらめていた。

今度のGoogle Desktop Searchは従来のMS-Word, Excel, PowerPoint, PDF, テキストファイル,Webの履歴,チャットに加えて,予定表,仕事,メモなども検索できるようになっているらしいが,予定表,仕事,メモは自分がDelphiで作ったソフトウェアで管理しているので,Googleには検索させないように設定して使っている。

使用する前にインデックスを作成するのに時間がかかるが(自分の場合,アイテム数12万弱で数時間),その作業が終われば,後は快適そのもの。Googleさまさまである。使っているメーラーがShuriken Proなので,インデックス作成の対象にならないが,Outlook ExpressやGmailはデフォルトでサポートしているし,Becky!も別途プラグインをダウンロードすればサポートされるようだ。プラグインSDKも公開されているので,その気になれば,Shuriken Proにも対応できるだろう。


Firefoxの拡張機能(Mouse Gesture)

  • 投稿者:
  • 表示回数 5,318
Firefox

Operaを最初に使ったとき,描画の速さ,軽快さに驚いたが,それ以上に感心したのは,マウス・ジェスチャの機能だった。IEで直前のページへ「戻る」には「alt + ←(左向きの矢印)」を押すが,慣れてくると片手だけで操作したくなる。Operaでは「戻る」が「右ボタン+左ボタン」だけで操作できるので,しばらくOperaを愛用していた。

Firefoxでも拡張機能のMouse Gestureを使えば同じことができる。とはいえ,Operaでは右ボタンをクリックしたまま,左ボタンをどんどんクリックすれば,連続して前のページへ戻ることができるが,Firefoxでは前のページに戻ってにカーソルの下にリンクがある場合,右ボタンをクリックしたままで左ボタンをクリックすると元のページに戻されてしまう。いったんカーソルを動かして,リンクにかからないようにしないと次の「戻る」動作ができない。ここはできれば改善して欲しいなと思う。


Firefoxの拡張機能(LinkChecker)

  • 投稿者:
  • 表示回数 4,880
Firefox

自分が管理しているサイトには相互リンクはほとんどない。そのため専用のソフトウェアを使うほどではなく,Firefoxの拡張機能として提供されているLinkCheckerで事足りる。使い方は極めて簡単で,チェックするページを表示させてから,アイコンをクリックするだけ。チェックが行われて,リンクが切れているサイトはピンク,接続しているうちにタイムアウトしたサイトは灰色で表示される。


Firefoxの拡張機能(HTML Validator)

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,057
Firefox

Firegoxに関して一般的に言われていることは,
 ・動作が軽快。
 ・タブブラウザ。
 ・セキュリティ面でIEよりも強い。
 ・オープンソース。
などだが,プログラマの観点からすれば,拡張機能の豊富さが一番魅力的だ。Webサイトを運営する以上,自分が書くHTMLファイルはできるだけ誤りのないものにしたい。管理人はホームページビルダが吐く冗長なコードが好きではないため,アンカーシステムズのPeggyProと付属のHTML-AIDでガリガリHTMLファイルを手書きしている。そのときの文法チェックに使うのが拡張機能のHTML Validator。該当ページを表示するだけで,ブラウザのステータスバーにエラーチェックの結果が表示される。黄色い▲のアイコンをクリックすれば,HTMLソースと共にエラーの箇所,エラーの原因が表示されるので,とても使いやすい。これでエラー・警告が出なくなるまで修正してから,サーバーにアップロードしている。最初は時間がかかったが,やがて最初からエラー・警告が出ないHTMLを書けるようになった。


Firefoxの拡張機能(Sage)

  • 投稿者:
  • 表示回数 4,129
Firefox

Sageはブログが出力するRSSフィードを解析し,更新のあった記事だけ表示する機能を備えている。サイドバーを表示させて更新チェックのボタンを押すだけで,ブックマークに登録されているブログの更新チェック・記事表示ができる。Headline Readerなどの専用ソフトウェアを使ったことはないが,現在,自分が読んでいる程度のブログ(20サイトくらい)なら,Sageで十分用は足りる。