2017年9月24日(日) 06:42 JST

Geeklog-1.8.0にアップグレード

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,452
Geeklog

当サイトのGeeklogをバージョン1.7.0から1.8.0(日本語版)にアップグレードした。作業中にはまった点は次の2つ。

  1. うっかりテーマをnaturalgreenにしたままアップグレードしたため、アップグレード後、ログインしようとするとエラーが発生。緊急レスキューツールを使用し、テーマをprofessionalに戻して復旧。
  2. Geeklog本体のアップグレード終了後、無効にしておいた静的ページ(staticpages)プラグインをアップグレードしようとすると、エラー発生。原理的にはこのIssueと同じであることは分かっているので、phpMyAdminでデータベースを変更して対処。

確認していないが、静的ページを作成していない場合、上記2.のエラーは発生しないと思う。無効にしたままでプラグインのアップグレードができればこんな苦労はしなくても済むのだが... まあ、ないものねだりをしてもしかたない。

教訓

  1. アップグレード作業をする前にprofessionalテーマに戻す。
  2. 本体に同梱されているプラグイン(静的ページ、リンク、カレンダー、SpamX、XMLSitemap)は有効にしたままでアップグレード作業をする。使用していないプラグインもアップグレード時には一時的に有効にするとよい。

タグプラグイン-0.5.3

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,015
プラグイン

Geeklog-1.7.1と同時に公開された静的ページプラグインv1.6.3で導入されたテンプレート機能に対応するパッチをTomさんにもらったので、少し修正したものをバージョン0.5.3として公開した。ダウンロードはこちら。テンプレート機能を使っている人は少ないかもしれないが、解説(英語)はこちらをどうぞ。


タグプラグイン-0.5.2

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,210
プラグイン

Tomさんから提案のあったパーセントシステムを導入し、小さなバグを1つ修正したタグプラグイン-0.5.2をリリースした。従来のバージョンでは、タグレベルを計算するのに単純に閾値と比較を行うだけだったため、タグの出現頻度が高まるとすべてレベル9になっていた。これでは意味がない。今回のバージョンでは、タグの出現頻度がある数値(初期値は20)を超えると、閾値をもとにしてパーセントで計算するようにしたので、タグレベルが9に集中する現象は緩和されるはず。ダウンロードはこちらからどうぞ。Thanks, Tom!

タグ:タグプラグイン


GeeklogとPHPのバージョン

  • 投稿者:
  • 表示回数 5,397
Geeklog

拙作のPrecheckを見直そうと思い、Geeklogで要求されるPHPとMySQLのバージョンをまとめてみた。

Geeklogのインストール要件
GeeklogバージョンPHPバージョンMySQLバージョンSQL Serverバージョン
1.4.0?1.4.14.1.03.23.2サポートなし
1.5.0?1.5.2SQL Server 2000
1.6.0?1.6.14.3.0
1.7.0?1.7.24.4.0*4.0.18
1.8.05.2.0
1.8.1?4.1.3

なお、この記事を書いている時点ではGeeklog-1.7.1(sr1)までしか公開されていない。1.7.2は今年の早い時期に出る予定。この表の中でPHP-4.4.0*と書いている部分は以下の手段を使うことで4.3.0でもインストールできるようになる。

  1. 公開領域/admin/install/lib-install.phpをテキストエディタで開き、65行目付近にある
    define('SUPPORTED_PHP_VER', '4.4.0');

    define('SUPPORTED_PHP_VER', '4.3.0');
    に変更する。
  2. 非公開領域/system/pear以下のファイルをGeeklog-1.6.0?1.6.1のものに差し替える。

特筆すべきは、Geeklog-1.8.0(今年の後半公開?)からはPHP-5.2.0が必要となること。今まで使えなかったXMLやJSON関連の機能、アクセス制御のできるクラスなどがやっと正式にサポートされる。これにあわせてGeeklogのコアをフルスクラッチで書き直すということはきっとなされないだろうが、とにかくよい知らせではある。いまだにPHP-4.xでGeeklogを使用されている方はそろそろPHP-5.2.0以降がサポートされている環境を検討した方がよいだろう。

どうしてもPHP-4.x系統しか使えない場合(Red Hat Enterprise Linux 4やCentOS 4など)を考慮して、本家は2012年2月29日まではGeeklog-1.7系列のセキュリティ・パッチを配布すると宣言しているので、あと1年と2ヶ月ほどは余裕があることになるが、できるだけ早めの移行をお勧めする。
参考: http://www.geeklog.net/article.php/end-of-php4-support

タグ:geeklog mysql

2011年 6月13日追記: Geeklog-1.8.0が正式に公開された。PHP-5.2.0以降が必須になる。なお、PHP-5.2.x系列は2011年 1月 6日に公開されたバージョン5.2.17で開発が終了しているので、これからサーバーを借りる人は5.3.x系列をサポートしているところがよいだろう。

2011年 7月 2日追記: Geeklog-1.8.1では、MySQLiクラスを使用するため、MySQL-4.1.3以降が必須になる。


記事ベスト10表示用カスタム関数

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,283
Geeklog

Geeklog用に人気記事を表示するカスタム関数(custom_popular_items)を公開した。テンプレートやCSSで表示を柔軟に制御できる。当サイトで使用しているものはこちらダウンロードはこちらからどうぞ。

今年の後半は意識的にGeeklogに関わらなかった。日本のユーザーにはこれといって含むところはないのだが、本家の対応の遅さにはそろそろしびれを切らしかけている。今後は自分が作成したプラグインなどのバグ修正は行うつもりだが、それ以上のことはまだ決めていない。


タグプラグイン-0.5.0

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,535
プラグイン

しばらくGeeklogから離れていたが、少し時間ができたので拙作のタグプラグインを更新した。今回からGeeklog-1.6.0以降が必要になる。変更点は以下の通り:

  • 新たに静的ページをサポート。
  • 記事のIDを変更した場合、エラーが発生していたバグを修正。
  • トップメニューに「タグ」を表示しないオプションを追加。

ダウンロードはこちらかどうぞ

タグ:タグプラグイン


RSSAggregator-1.3.2

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,602
Geeklog

先日からGeeklog.jpの掲示板のこのスレッドで問題になっていた、XHTMLで" />"が消える問題だが、原因は拙作のRSSAggregatorだった Orz...

phpblock_rssaggregator()の先頭で


if (!defined('XHTML')) {
  define('XHTML', '');
}

のように定義している。問題は、この関数をlib-custom.php内で読み込むため、テーマのfunctions.phpの設定や$_CONF['doctype']よりも優先されてしまう、ということだ。RSSAggregatorを使用しているサイトはどんなテーマでもXHTMLではなくHTMLになってしまう。

これはあまりにもまずいので、対応したバージョン1.3.2を公開した。といっても、上述の3行を削除しただけ。お騒がせして申し訳ないm(_ _)m。

教訓: lib-custom.php内で読み込む関数では、トップレベルで(= カスタム関数の外で)XHTML定数を定義してはならない。

2010年 4月24日追記: 「トップレベルで(= カスタム関数の外で)」の部分を加筆しました。

タグ:カスタム関数


Dataproxyプラグイン1.1.7

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,487
プラグイン

Geeklog-1.7.0b1ではDataproxyプラグイン、Autopingプラグインが動作しないという報告をもらったので、原因を調査してみると、前者はデータベーステーブルのフィールド名の変更、後者はAPIの変更のせいだった。それぞれ修正したバージョンを1.1.7、0.1.3として公開することにした。